<
役立つ情報

ジブリパークにアトラクションがない理由?現状の評価についてもご紹介!

ジブリパーク

2022年11月に愛知県の長久手市にジブリパークが建設され開園しました。

敷地の大きさは、東京ドーム40個分の大きさと言われています。

ディズニーランドは、東京ドーム11個分と言われていますので、大きさでいくとジブリパークの敷地はかなり大きいと思われます。

これだけ敷地が大きいのにも関わらずアトラクションがないということでも話題になっています。

今回の記事では、ジブリパークにアトラクションがない理由について調査してきましたので、ご紹介させていただきます。

ジブリパークにアトラクションがない理由?

ジブリパークにアトラクションがない理由としては、スタジオジブリの世界を表現した公園とされています。

公園と定義していることから、アトラクションや乗り物がないということです。

ジブリパークの元々の目標としては、公園の役割を壊さずに共存していくことがジブリパークの目標とされています。

ですので、ジブリパークはテーマパークではなく公園と呼ばれている理由だということです。

アトラクションがないに対しての意見とは

ジブリパークにアトラクションがないことに対して批判的な意見が多くあると思われていますが、実際のところはそんなことはありません。

ジブリファンからすれば、「ジブリらしい」や「アトラクションはいらない」という意見もあり、肯定的なものが多くありました。

ジブリ作品では、アトラクションよりも世界観を楽しむたいという方も多くいます。

アトラクションを楽しみたいなら、他のテーマパークに行った方がいいのではとされています。

ジブリパークは公園なので、アトラクションがないことに対しても納得できるのではないでしょうか。

アトラクションがないことから服装を気にしなくていい

アトラクションがないということから、好きな服装でジブリパークを楽しめるというところも評価されています。

そして、服装だけではなくネックレスやメガネなども好きなものを着用できるところが評価ポイントでもあります。

ジブリパークの1番の楽しみ方は、アトラクションではなくパーク内でキャラクターの衣装を真似して撮影できることがファンにとってはたまらないところですよね。

ジブリパークに望むものとは

ジブリパークに望むものとしては、やはりアトラクションが欲しいという意見があります。

そして、ジブリといえば、作品ごとに出てくるジブリ飯を食べてみたい意見もありました。

ジブリの作品に出てくるジブリ飯ってとても美味しそうに見えてきますよね。

だからこそ、ジブリパークで再現されることを楽しみに待っておきましょう。

ジブリの世界観がとても忠実に再現されており、アトラクションがなくても楽しむことができるので、ぜひチェックしてみてください。

そして、これから宿泊施設なども建設予定なものが多くどんどん人気が出てくること間違いないでしょう。

ディズニーランドと来場者数を比較してみると、

ディズニーランド(2900万人)・ジブリパーク(180万人)となっており、圧倒的にディズニーランドの方が多いことがわかります。

現在ジブリパークは予約が取ることができない状態ですが、来年以降は予約することができるようになるのではないでしょうか。

ジブリパークにアトラクションがない理由についてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ジブリパークにアトラクションがない理由についてご紹介させていただきました。

アトラクションがない理由としては、定義が他のテーマパークとは違うということでしょう。

アトラクションを楽しみたいならば、他のところに行く方がいいという声もあります。

ですが、ジブリ作品を1度はみたことがあるのならぜひ行ってみたいところですよね。

また、新しい情報が入りましたら、随時更新させていただきますので、楽しみにしていてください!

では、また!!