<

<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

役立つ情報

アーバンリサーチはやばい!?着ている人はどんな注意が必要なのか!

アーバンリサーチ

おしゃれな服が売っていることで人気があるURBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)。

幅広い年齢層から人気があり、アーバンリサーチの店舗もどんどん増えてきています。

そんなアーバンリサーチですが、『アーバンリサーチがやばい』と言われている声がありました。

今回の記事では、アーバンリサーチはやばいのかについて調査してきましたので、ご紹介させていただきます。

アーバンリサーチはやばい!?

利用者が多い年齢層でいくと20代〜50代くらいです。

かなり幅広い年齢層を対象にしていることから、種類もかなり豊富にあります。

調べていく中でアーバンリサーチがやばいと言われているのはいい意味で言われていることがわかりました。

通販サイトで有名なジャパネットもやばいと言われています。

では、なぜアーバンリサーチはやばいと言われているのでしょうか。

納品キャンセルするほどやばい

若者が大きな支持を集めるのがアーバンリサーチ。

話題になったことから、アーバンリサーチは多くのアイテムを仕入れましたが、キャンセルした事実がネット上でも話題になりました。

コロナ禍ということから、仕方がないという声もありますが、取引先からすれば不満が高まってしまいますよね。

これからのアーバンリサーチの行動にも注目が集まっています。

ファッションだけではなく、美容のプラージュもやばいと言われています。

価格設定がやばい

アーバンリサーチは、高品質なものが誰でも手に入りやすい手頃な価格で販売されています。

価格帯でいくと、5,000円から20,000円ほどになっています。

アウターなどは、60,000円ほどのものもありますが、数十万円になるものは置いていません。

だからこそ、幅広い年齢層に愛されていて、新しい商品も出すことができています。

限定性がやばい

地域やトレンドを常に取り入れているアーバンリサーチだからこそ、コラボレーションなどもあることが1つの特徴です。

アーバンリサーチだけではなく、『アーバンリサーチ ドアーズ』『KBF』『アーバンリサーチ サニーレーベル』など様々なブランドがあります。

加えて、品質の高さも定評があり、お手頃な価格で手に入れることができなおかつ長く使えることも人気の秘訣です。

時期に応じて特別なコラボレーションなどもあるので、新鮮な気持ちが常にある状態が維持されています。

経営不振の時期もあった

アーバンリサーチが続々と閉店してしまう時期がありました。

2020年1期目の売り上げが681億円に対して2021年の同時期485億円まで落ち込むことになりました。

コロナウイルスが最も大きな原因とされており、閉店する店舗が目立ちました。

閉店してしまう店舗は、コロナウイルスが少し落ち着いた今でもあるのが現実です。

これから業績がどうなっていくのかしっかりとチェックしていきたいですね。

他にも女性人気のクラシカルエルフもダサいなどの評判が多くあります。

ブランドによって色々な評判や口コミがあります。

アーバンリサーチはやばいについてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

アーバンリサーチがやばいのかについてご紹介させていただきました。

実際のところアーバンリサーチを利用されている方が多くとても人気だということがわかりました。

これからも利用者がどんどん増えていくことでしょう。

また、新しい情報が入りましたら、随時更新させていただきます。

では、また!!