<
エンタメ

東京リベンジャーズ実写ひどい!?原作ファンの意見についてもご紹介!!

東京リベンジャーズ

2017年から「週刊少年マガジン」で連載が開始された「東京リベンジャーズ」。

原作の人気から、一気に実写化することが決まった「東京リベンジャーズ」。

2021年7月9日から公開され、公開3日で興行収入7億円を迫るほどを記録して、大ヒットした!と言われる作品となりました。

ですが、原作ファンの中ではあまり評価されていなくひどい!と言われる意見もありました。

今回の記事では、「東京リベンジャーズ」が実写化された時の評価についてご紹介させていただきます。

東京リベンジャーズ実写ひどい

ここからは、「東京リベンジャーズ」の評価についてご紹介させていただきます。

原作から人気もあり、2021年の実写化映画の中では、興行収入1位となる大ヒット作となりました。

ですが、実際の意見も集めてみるとあまりいい評価が多いとは言いにくい評価となりました。

内容自体も、原作4巻を2時間に詰められた内容となっており、ストーリーやキャラが省略されている部分が多くありました。

ここからは、なぜひどいと言われているのかについてまとめさせていただきました。

東京リベンジャーズ原作と違いすぎる

実際、実写化された「東京リベンジャーズ」ですが大きく異なるストーリーとなっており、低評価につながってしまったのではないかと考えられます。

原作でいくと内部抗争になる事件が発生するのですが、実写化ではカットされていました。

出演キャラの絆などを感じることができる内容だっただけに、違和感を覚える方もいらっしゃったそうです。

ですが、映画オリジナルでのストーリーがありましたので、こちらは評価されたところではありました。

東京リベンジャーズ実写と原作では年齢設定が違う!

原作漫画で主人公が12年前にタイムリープする内容となっております。

実写化では、少し内容が変わっており、10年前にタイプリープする設定となっており、高校生という設定となっております。

原作を知っている人にとっては、ひどい!という意見が多くありましたが、原作を知らない方にとっては、とても楽しめる内容になっていました。

東京リベンジャーズ面白い!

ここからは、「東京リベンジャーズ」についての高評価についてご紹介させていただきます。

実際ヤンキー映画ということでアクションシーンが多くあります。

ストーリーのところで理解できないようなところがあっても、大半の方が楽しめる映画となっております。

漫画でも楽しめるシーンでしたが、実写化されたことによってよりリアリティーが増して楽しむことができる人も多くいました。

原作はもちろんですが、実写化を見られた方は、しっかりと映画を評価されている印象を受けました。

タイムリープするというS F的な要素もあり、見どころがとてもたくさんあり、面白いと思っている方も多くいました。

先ほどは、低評価についてご紹介させていただきましたが、原作を知らない方にとっては、実写化は楽しめる映画となっています。

実写化されることにより、かっこよさも増して感じ取ることができます。

ドラケンとマイキーの2人が、一切危害を加えていない娘がボコボコにされた両親に対して頭を下げるシーンは感動します。

両親の気持ちを考え行動できるそういったヤンキーを「東京リベンジャーズ」では感じ取ることができます。

ですが、暴力シーンが嫌いな方にとっては、視聴をお勧めできませんが、気になる方はチェックしてみてください!

東京リベンジャーズ実写ひどいについてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事では、「東京リベンジャーズ」実写化の評価についてご紹介させていただきました。

実際、つまらないという意見もありましたが、原作を知らない方にとってはとても楽しめる映画となっています。

加えて、原作を知っている方でも、全く別物として捉えることができれば、とても楽しめること間違いないです。

気になる方は、U-NEXTから無料でみることができるので、チェックしてください!



また、新しい情報が入りましたら、随時更新させていただきますので、楽しみにしていてください!

では、また!