<
エンタメ

すずめの戸締まりはつまらないし面白くない!?批判の声がある理由とは!

すずめの戸締まり

2022年11月11日に公開された映画「すずめの戸締まり」。

日本全国に点在する後ろ戸を閉じていく中で、主人公の岩戸鈴芽の成長と恋愛が描かれているファンタジーになっています。

公開から高い評価を受けているのかと思われましたが、高い評価だけではないようですね。

実際の声はどのようなものがあるのでしょうか。

今回の記事では、映画「すずめの戸締まり」の評判やどこが不評なのかについてもわかりやすくご紹介させていただきます。

すずめの戸締まりはつまらないし面白くない!?

ここからは、なぜ映画「すずめの戸締まり」がつまらないと言われている理由についてご紹介させていただきます。

登場人物の背景がはっきりしていない

鈴芽以外に登場される人物の背景がはっきりしていないという声がありました。

よくわからないとされているのが、草太と環です。

草太の家系は、閉じ師で祖父が師匠であることは説明されているのですが、そこからの説明はありませんでした。

環についても故郷を離れてから宮崎に行っての生活描写はほとんどなく、背景がイマイチ伝わってこないという意見もありました。

災害にトラウマがある人には重い内容

実は、すずめの戸締まりでは、3・11の震災が関連しています。

作品中には、地震が起こる描写もあり、みるのが辛いという方もいるのが事実です。

実際に経験されている方からすると見づらいものになっている可能性もあります。

ストーリーがわかりづらい

映像や音楽に関しては、とても高評価が多くありましたが、ストーリーについてがイマイチという声がありました。

新海誠監督の作品をみると、映像や音楽は最高のものになっていますよね。

ですが、内容が感情移入することができないものになっていたという声があります。

鈴芽の行動に疑問を持たれた方が多くいたようです。

  • なぜ人がいなくなった場所で後ろ戸が開くの?
  • ミミズの正体とは!
  • 閉じ師の家系は、草太の家以外にあるのか

など色々設定のところでわかりづらいところもあったそうです。

新海誠の世界観と言ってしまえばいいのですが、ストーリーがもう少しわかりやすければこのような意見も無かったのではないでしょうか。

すずめの戸締まりは面白い!?

つまらないという意見もありましたが、圧倒的に面白い!という意見の方が多くありました。

現在でいくと新海誠ファンは多く作品が出るたびに世界観に引き込まれるという方も多くいらっしゃいます。

設定のところで今回は、批判がありましたが、それ以外に関してはかなりの高評価となっています。

やはり、見に行かなければならないですよね。

公開日からかなりの人気がある映画ですので、このままヒット作品になっていくのではないでしょうか。

これからも新海誠からは目が離せませんね!!

すずめの戸締まりはつまらないし面白くないについてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回は、公開された映画「すずめの戸締まり」の評判についてご紹介させていただきました。

賛否評論ある映画となっていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ご自身の目で判断してみてください!

また、新しい情報が入りましたら、こちらで随時更新していきますので、楽しみにしていてください!

では、また!!