<

<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

役立つ情報

冷蔵庫マット敷いてしまって後悔してしまう?後悔したことご紹介!!

冷蔵庫マット

冷蔵庫の下にマットを敷こうかどうか悩んでいる方。

冷蔵庫の下にマットって必要あるのかなと思いますよね。

SNSなどでは、冷蔵庫の下にマットは必要だという声もあります。

敷かないと後悔したという方もいます。

今回の記事では、冷蔵庫下にマットを敷くと後悔してしまうのかについて調査してきましたので、ご紹介させていただきます。

冷蔵庫マット敷いてしまって後悔

冷蔵庫下にマットを敷く理由としては、

  • 床に傷をつけないため
  • 振動や騒音を減らすため

など、色々な理由で冷蔵庫下にマットを敷きます。

冷蔵庫下マットにも意味があるんです。

ここからは、冷蔵庫下にマットを敷いて後悔したことを紹介していきます。

掃除がめんどくさい

意外と冷蔵庫下にマットを敷いていると汚れがどんどん溜まっていくんです。

そして、汚れを取るのがまたまためんどくさいんです。

冷蔵庫の下なので、持ち上げるのも大変で1人では掃除することができません。

冷蔵庫下マットを敷いたものの後悔した方もいます。

ですが、冷蔵庫の重みでそこまで多くはゴミが入らないケースがあるので、敷いておけば問題ありません。

重みで床についてしまう

冷蔵庫の重みが原因で床にマットがくっついてしまうことがあります。

マットの跡が床に残ってしまうので、掃除にも時間がかかってしまいます。

汚れが残ってしまったことにより、退去時に別料金を請求されることもあるそうです。

契約書をしっかりと確認しておく必要があります。

メリットがなかった

冷蔵庫下にマットを敷くことのメリットも紹介してきました。

そして、実際敷いた方の中でそのようなメリットを感じることができなかったという意見がありました。

1階に住んでいる方や一軒家に住んでいる方は、振動などを機にする必要もないので、冷蔵庫マットは必要ないという人もいます。

マットを使うことで汚れが残ってしまうこともあるので、注意が必要です。

マットが目立ってしまう

透明なマットであればそこまで目立つことがありません。

大きさも冷蔵庫にあったものがあるので、デザイン性も損なうこともありません。

今では、冷蔵庫の下にマットを敷くのが当たり前になっています。

大きさが違えば目立ってしまうこともありますが、気にする必要もありません。

マットは透明なものを選んでください。

冷蔵庫マット選び方

冷蔵庫マット

賃貸マンションなどでは必要になってくる冷蔵庫マット。

どんな冷蔵庫マットなら掃除もしやすく便利なのでしょうか。

材質

冷蔵庫マットで使われている材質の多くがシリコンやゴムでできています。

他にもポリカーボネートもあり、強度があり使用されている方も多くいます。

シリコンに関しては、柔軟性もあり人気があります。

今住んでいる家にはどんな材質があっているかを確認しましょう。

サイズ

冷蔵庫のマットも種類は多くあります。

冷蔵庫に合わせてしっかりとしたサイズを選びましょう。

  • Sサイズ:200リットル
  • Mサイズ:500リットル
  • Lサイズ:600リットル

以上のようなサイズがあるので購入する際は、確認しましょう。

賃貸なら冷蔵庫マットは敷かなくていい!?

契約書

持ち家の場合は、冷蔵庫マットを敷いておかないと汚れが溜まって後悔してしまうことになります。

ですが、賃貸なら冷蔵庫の汚れに関しては、費用を請求されることはほとんどありません。

汚れがあっても大家さんが修繕費用を払ってくれるので、気にする必要はありません。

汚れてもいいから!という理由で、過剰に汚すのは問題になります。

退去費用に関しては、トラブルになることがあります。

冷蔵庫下にできてしまったサビに関しては、費用がかかってくるケースもあります。

定期的にサビを除去するようにしましょう。

事前にしっかりと確認しておきましょう。

冷蔵庫マット敷いてしまって効果についてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

冷蔵庫下マットを敷いてしまった後悔についてご紹介させていただきました。

冷蔵庫下にマットも敷く時は、必要かどうかをしっかりと判断しましょう。

掃除がめんどくさいと感じる方もいるので、掃除嫌いの方は、敷かない方がいいかもしれないです。

また、新しい情報が入りましたら、随時更新させていただきますので、楽しみにしていてください!

では、また!!