<
エンタメ

ワンピースREDがつまらないと言われる理由とは!?漫画と違う点は!!

ワンピースRED

8月6日より全国公開された「ワンピース フィルム RED」。

大きな期待と注目の中で公開され、かなりの人気で予約して映画館に行かないといけないほどの人気です。

原作の方も最終回へと近づく中での、今回の映画公開ですから、大きな期待がありましたが、映画を見た方の反応は意外なものでした。

その感想の数々が、期待していたほど面白くない、つまらないなどの意見がありました。

今回の記事では、「ワンピース フィルム RED」がなぜつまらないと言われているのかを調査してきましたので、ご紹介させていただきます。

ワンピースREDがつまらないと言われる理由とは

ここからは、なぜかなりの期待値を集めて公開された映画がなぜ低評価があるのかについてご紹介します。

ワンピース フィルム REDがつまらない理由①歌が長い

映画を見た方の中でも最も多かった意見が、今回のメインキャラクターのUTAが歌を歌うシーンがあまりにも長すぎるということです。

これは、見られた方以外にも公開前でも予想はできていたことです。

しかし、その予想をはるかに超えてくるほどの歌の長さでした。

ワンピースを楽しみにしている方にとっては、つまらない時間になってしまったのではないでしょうか。

しかし、Adoファンにとっては、本当にたまらない時間になりますので、気になる方は是非チェックしてください!

ワンピース フィルム REDがつまらない理由②戦闘シーンがない

ワンピースを楽しみにしている方からすれば、がっかりしてしまった人も多くいるのではないでしょうか。

今回の映画では、歌に時間を使い過ぎてしまい戦闘シーンがあまりいい形で描かれていなかったと感じる方が多くいました。

スタンピードと比べるとかなり減ってしまってしまい、前作とは違い低評価が多くなってしまったのではないと考えられます。

もっと赤髪のシャンクスが戦うシーンを見たかった。。。と思った方もいることでしょう。

ワンピース フィルム REDがつまらない理由③宣伝効果が強すぎる

ワンピースが映画を公開する!ともなれば、日本だけではなく海外の方も注目するほどの現在は人気アニメとなりました。

SNSなどでもかなりの量の考察が流れており、期待値が日に日に上がっていきました。

だからこそ、公開されいざ見てみると内容が薄いなど気になるところだらけでした。

どうしても、人気があるからこそ期待に応える映画を作らなければいけません。

それもかなり難しいことだと考えられます。

世界が注目するアニメ映画を制作するわけですから、今回の評価は仕方のないことだったのではないでしょうか。

ワンピースRED面白い!

ここからは高評価についてご紹介させていただきます。

実際の声を集めてみましたが、高評価の声も多くありました。

  • LIVEみたいな感じだった
  • Adoファン ワンピースファンにとってはたまらない
  • 好みは分かれてしまうが、個人的にはとてもいい映画
  • シャンクスの覇気がやばすぎる

など面白かった!という意見も多くありました。

やはり、今回の映画はかなり好みが分かれるということでしょう!

Adoが出演されると分かっていれば、とても楽しめる映画ですよね。

今回のワンピースがNetflixやアマゾンプライムで放送されると考えられますが、Adoの歌をしっかりと楽しめるのは映画館だけだと考えられます。

体に響いてくるような音楽は映画館でしか味わうことができないので、映画館に是非足を運んでみてください!

ワンピースREDなぜUTAの声はAdoではない!?

ワンピースの映画が公開されて気になるところがまだあります。

それが、シャンクスの娘であるUTAの声優役がAdoでは無いことです。

Adoが声優をしないことにより、UTAが歌を歌うときにとても違和感があります。

ですが、やはりこちらは、演技力が高さがゆえに採用されたと考えることができます。

ワンピースほどの人気のアニメで演技力が低い方を採用してしまうと映画に傷をつけてしまうこととなります。

だからこそ、「演技力と高い歌唱力を求めた結果、今回のような結果」になったのでは無いでしょうか。

Adoが声優もすることができるのであれば、今回のようなことはなかったでしょう。

そこまで尾田栄一郎は任せることができなかったのでしょう。

気になる方は、是非映画館へ!!

ワンピースREDがつまらないと言われる理由についてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ワンピース フィルム REDについての感想についてご紹介させていただきました。

実際、期待値がかなり高くになってしまったこともあり、評価が大きく分かれてということがわかります。

これだけ大きく評価が分かれる映画はとても珍しいですよね。

Adoの歌唱力を楽しめる映画ではありますが、ワンピース本来の楽しさの戦闘シーンを見ることができませんでした。

ですが、今回の映画を楽しめた方も多くいらっしゃいます。

まだ、公開されて日数も経っていませんので、これからまた新しい情報が入りましたら、随時更新させていただきます。

では、また!