<
エンタメ

iKONが売れない理由とは!?初動売上から下降気味になる理由とは!

iKONは、2015年YGエンターテイメントからデビューされた7人組のアイドルグループです。

iKONというグループは、サバイバルオーディション「ミックスマッチ」より選抜されたメンバーです。

現在ではよくあるオーディションから撮影してデビュー前からファンをしっかりと獲得するやり方でデビューされました。

ですが、人気はデビューした当時からあまり上がっていないのが現実です。

今回の記事では、なぜiKONは売れないのかについて調査してきましたので、ご紹介させていただきます。

iKONのメンバーとは

現在6名で活動されているiKON。

メンバーとしては、

  • バビ(BOBBY)
  • ジナン(JAY)
  • ユニョン(SONG)
  • ジュネ(JU-NE)
  • ドンヒョク(DK)
  • チャヌ

のメンバーで構成されているグループです。

デビューされる前から、かなりの人気で初動の売り上げはとてもあり、これからを期待されるグループでした。

2016年1月に日本でデビューされており、BIGBANGの流れのままに注目されていました。

ですが、色々な問題があり、元々7人で活動されていましたが、2019年6月に元リーダーのB.Iが脱退されました。

なぜ、脱退したのかというと、違法薬物疑惑が上がったことから、事務所との契約も切られてしまいiKONは6人でここから活動されることとなりました。

iKONが売れない理由とは

ここからは、なぜ人気がなくなってきてしまっているのかについてご紹介させていただきます。

実際考えられるのが、初動が凄すぎたのではないかとも考えられます。

世間の声やファンの方々の声を集めてみると熱愛報道が原因なのではないかと考えられます。

今回話題になっているのは、iKONメンバーのドンヒョクです。

以前は、BOBBYが結婚したことでも話題となりました。

アイドルだからと言って恋愛禁止というわけではありませんが、ファンからしてみるとやはり悲しいものなのではないでしょうか。

次々と恋愛していきドンヒョクに関しても、熱愛しているのはと話題になっています。

熱愛以外にもメンバーが脱退してしまうなど問題が色々と起こっているiKONですから、これからここままアイドルを継続していくのかもわかりません。

2022年に再契約を迎えるわけですが、このまま継続していくのかどうかというところは気になりますよね。

絶頂期と比べるとファンは減ったのかもしれませんが、現状でも変わらぬ人気はあります。

これからの活動にも注目しないといけませんね!

iKONが売れない理由についてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

iKONのメンバーについてや売れない理由についてご紹介させていただきました。

実際、売れない理由としてはメンバーの脱退や熱愛報道があまりにも多すぎるからではないかと考えられます。

これ以上メンバーが熱愛しているとなるとこれから人気がますます下がっていくのではないでしょうか。

これからもアイドルとして活躍していくのなら、改善していかないといけないかもしれませんね!

また、新しい情報が入りましたら、随時更新していきますので、楽しみにしていてください!

では、また!