<
エンタメ

Adoのライブの倍率とは!?倍率がやばすぎるライブの申し込み方法は!

adoライブ倍率

現在、話題沸騰中のAdo。

代表曲としては、「うっせぇわ」で大きな話題となり、ONE PIECEの映画にも出演されたことで更なる話題となりました。

そして、今回初の全国ツアー「Ado LIVE TOUR2022-2023」が開催されることがわかりました。

これだけ人気のあるAdoですから、チケットを取ることをかなりむずかしくなっています。

今回の記事では、Adoのライブの倍率や申し込み方法について徹底調査してきましたので、ご紹介させていただきます。

Adoのライブの倍率とは!?

Adoの全国ツアーともなるとどのくらいの倍率となるのでしょうか。

かなりの人気でAdoの評判見てみても納得できる内容です。

全国ツアーということで各地のファンの方々がとても楽しみにされていることもあり、かなり高倍率になることが予想されます。

かなりの倍率が予想される理由としては、Adoの初ライブZeppダイバーシティの倍率が100倍超えるというほどのプレミアムチケットとなっていました。

全国ツアーということで申し込み人数もかなり増えていき、キャパが少なくなってきています。

そして、倍率を予想してみましたが、50~100倍ではないかと思われます。

この数値を見るとかなり狭き門だと思われる方がいるのではないでしょうか。

なぜ、これほどの数値だと言われているのでしょうか。

みてきましょう!

Ado全国ツアーライブチケットの申し込み人数とは!

Adoの全国ライブツアーで申し込み人数1,190,000~2,380,000ほどになるのではないかと思われています。

会員数に関しては、明らかになっておらず断言することができません。

ですが、AdoのTwitterフォロワーが現在、991,493人となっています。

フォロワー全員が申し込むとは少し考えにくいですが、半分以上のフォロワーは気になって申し込むのではないでしょうか。

6割の約595,000人が申し込んだと仮定すると、1人4枚まで申し込むことができるので、数としては2,380,000となります。

かなりの数ですよね!

1人2枚申し込むとなると倍率としては、50倍で4枚となってくると100倍となります。。。

やはり、かなり狭き門だということが理解できます。

Ado全国ツアーの開催場所と収容人数とは!?

ここからは、全国ツアーライブの会場と収容人数についてご紹介させていただきます。

  • 2022年12月2日(金) 神奈川 KT Zepp Yokohama

収容人数 2,146人

  • 2022年12月8日(木) 福岡 Zepp Fukuoka

収容人数 1,526人

  • 2022年12月14日(水) 北海道 Zepp Sapporo

収容人数 2,009人

  • 2022年12月17日(土) 東京 Zepp Haneda

収容人数 2,925人

  • 2022年12月18日(日) 東京 Zepp Haneda

収容人数 2,925人

  • 2022年12月21日(水) 愛知 Zepp Nagoya

収容人数 1,864人

  • 2022年12月22日(水) 愛知 Zepp Nagoya

収容人数 1,864人

  • 2022年12月26日(月) 大阪Zepp Osaka

収容人数 2,801人

  • 2022年12月27日 (火)大阪Zepp Osaka

収容人数 2,801人

収容人数としては、23,786人となっています。

ライブハウスということで収容人数がかなり少なくなっており、倍率の高さにも頷くことができますね。

Adoライブの当落結果はいつ!?

倍率の他に気になってくるのが、当落結果の発表ですよね。

当落結果はメールにてくるとされています。

2022年10月下旬〜11月初旬ごろに結果が来るのではないでしょうか。

また、情報更新がありましたら、随時更新させていただきますので、楽しみにしていてください!

Adoのライブの倍率についてのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

Adoのライブ倍率の高さについてご紹介させていただきました。

Adoの人気は現在どんどん上がっており、ファンの方々も増えてきておりますね。

これからライブ倍率も上がってきますね。

また、新しい情報が入りましたら、随時更新させていただきますので、楽しみにしていてください!

では、また!!